デオナプラッツォその後(2021/6/12 AgainstAllOdds)

またローズマリー
キャラ変えたんか。
(出典:ImpactWrestling)

こんにちは、ヤマガタです。

デオナプラッツオ(DEONNA PURRAZZO)・・・覚えているひといないでしょうね。

メイヤングクラシックで、紫雷イオとも対戦しています。

ここら辺をザザッ↓と、どうぞ・・・。

紫雷イオ選手の第3回戦(2018年MaeYoungClassic)。

デオナプラッツォ初戦(ImpactWrestling 2020/6/23)

スラミバーサリー(Impact Wrestling 2020/7/18)

去年のいまごろWWEから解雇され・・・

まったく動じず、ImpactWrestlingに即移籍。

そして即王者になりました。

目立たないけど、ものすごくタフな女性・・・という印象です。

ほんとうに目立たないんですけど・・・。


・ローズマリーに手堅く勝利


パイルドライバー
→スリーカウント。

今回AgainstAllOddsで、デオナプラッツオは、或る意味、ミスター(ミズなんですが)ImpactWrestlingともいえる、ローズマリー(Rosemary)と対戦しました。

キャラ先行型だけれども、カルト的な人気をほこるレスラーですね(他サイトこの記事)。

レスラーとしては大したことないので、デオナプラッツオが手堅く勝利していました(上掲画像)。

試合自体は、それほど見所ありません。

ImpactWrestlingも、女子選手、いまいち決め手ないですよね・・・

日本の女子選手で、新しい風入れたいという気持ちもわかる気がします。

それにしても、気が付いたら、WWEの女子部門は、ずいぶん先のレベル行っちゃいましたね。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m