初のライブオーディエンス興行はどうだった?(2021/7/16 SmackDown)

飛ぶドミニクミステリオ
(レイミステリオの息子)
出典:WWE

こんにちは、ヤマガタです。

サンダードームERAも終り、ライブツアーに入ったWWEです。

初回は、トヨタセンター(テキサス州ヒューストン)と強気のチョイス。

20,000人近く入る大会場なので、司会のマイケルコールがSoldOutだ!なんて言ってたのは、ウソに聞えましたが・・・

出典:Toyota Center(Wikipedia英語)

・・・ただ、歓声は凄まじかったです。


・玄人ビュー


ここがWWEの
弁慶のスネだと
言われています。

大体、WWE系の興行で観客ごまかされるのが・・・

① チタントロンのあるスペースは 360度の内、観客入れなくていいから、ごまかされる。

② あといつもカメラを撮っている方向の逆。

このふたつ、①と②が、WWEの観客動員数の実際の数をみるバロメーターになっています。

とくに②のところが隠されるのを、タープと言います(他サイトこの記事)。

ようするに上の画像ですね。

今回は、入ってたかなあ・・・。


・ビンスマクマホン


やっぱり動きは、
老人だね。
さすがに。
現在 75 歳。

SmackDownの最初に登場したのは、ビンスマクマホン(上掲画像)でした。

とにかく、このひとが亡くなったときが、プロレス界の Xデーです。

NOAHが全日本から分離した・・・くらいの騒ぎが起こるとおもいます。

大山倍達が死去した後の極真会館・・・くらいのことは予想されます。

ただ、今回は健在をアピール。

ただ出てきて・・・

ビンスマクマホン「オマエら、どこにいたんだ? Where the hell have you been?」

・・・と観客を煽って去ってゆきました。

歓声すさまじかったですね。

これだけ盛り上がると、SmackDownの視聴率は一時的に、200万人戻ったかな・・・。

300万人叩き出したら褒めてやるよ。(←えらそうだな)

サンダードームで目が慣れて、ライブオーディエンスに戻ると、すこし暗くみえた・・・

・・・というのも発見でした。

ちなみに第1試合は・・・

ロマンレインズ&ジミーウーソー&ジェイウーソー

vs.

エッジ&ドミニクミステリオ&レイミステリオ

・・・でした。

ドミニクミステリオは、もうしっかりレスラーとして動けるんですね(トップ画像)。

シングルマッチ任せられるほどではないが。(←えらそうだな)

とにかく割れそうな歓声でした。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m